より豊かな絆のために Hartz®(ハーツ)

堀井隆行のペットの気持ちColumn

住商アグロインターナショナル ハーツ事業部"
Vol.7

保護猫カフェって何だろう?

著者:堀井隆行
空前の猫ブームだから知ってほしいこと

 ここ数年、空前の猫ブームといわれ、猫に関連したグッズや映画、テレビ番組、書籍、サービスなどをたくさん目にします。一般社団法人ペットフード協会の平成27年全国犬猫飼育実態調査によると、平成27年10月現在で日本国内では約987万頭の猫が飼育されていると推計されています。同調査によると犬の飼育頭数も約992万頭とほぼ猫と同数で、犬猫の頭数が15歳未満の人口を超えていることも話題になっています。約1,000万頭もの猫が家族の一員として幸せに生活する一方で、新しい家族を待っている猫の存在はご存知でしょうか。

 平成26年度環境省統計によると、全国の動物愛護センターに引取られた猫の数は約98,000頭で、そのおよそ19%の約18,000頭に新しい家族が見つかりました。行政や民間の努力により、10年前に比べると多くの猫に新しい家族が見つかるようになってきました。しかし、新しい家族を待っている猫の数がまだまだ多いことも事実です。猫の引取りには、“約70%が幼猫”という特徴があります(ちなみに犬は約80%が成犬です)。

 これは自然環境下でも猫の繁殖能力が高いことが原因です。野良猫の繁殖を食い止め、人に慣れやすい子猫を中心に譲渡する努力が続けられています。また、引取りの15%程度は飼い主の持ち込みであることはとても残念なことですが、終生愛情を注いでくれる飼い主に出会えることが新しい家族を待つ猫たちにとって何よりの幸せです。

保護猫カフェを知っていますか?

 猫たちとのコミュニケーションを楽しみ、癒しの空間を提供してくれる「猫カフェ」の中には、保護猫の譲渡促進を目的とする「保護猫カフェ」があることをご存知でしょうか。楽しみに行くだけでも利用料金が猫の保護活動の支援になり、新しく猫を家族に迎えたい場合には、実際にコミュニケーションをしてマッチングできる施設です。今回のコラムでは、東京都日野市にある「保護ねこ広場 にゃん福( http://nyann-puku.jimdo.com/ )」を紹介します。

野良猫などを保護する保護ねこ広場 にゃん福の外観

 「にゃん福」の設立は2014年12月とまだ新しいですが、これまでに約260頭の猫を受入れ、約120頭を譲渡しています。にゃん福で受入れている猫の約80%が子猫で、授乳期から生後3ヵ月齢と推定される個体が多いそうです。保護した猫たちには、健康診断、ワクチン接種、不妊去勢手術、マイクロチップ装着、寄生虫の駆除、その他必要な治療等を施し、譲渡に向けて社会化をしていきます。人に慣れて扱いやすい猫のほうが譲渡されやすいので、人馴れボランティアさんの家庭で十分に愛情をかけて育ててもらう取組みもしているそうです。実際にお店に行ってみると、アットホームな雰囲気の店内では、人懐っこくて可愛らしい子猫たちが出迎えてくれます。

保護猫カフェでくつろぐ猫

 また、なかなか人に馴れない成猫もいますが、長い目で愛情をかけてもらっています。譲渡による出入りはありますが、20頭くらいは常時店内にいますので、猫まみれになりに行くにも、新しい家族を探しに行くにも適しています。おとなしい子、やんちゃな子、臆病な子など猫たちの性格も様々ですが、実際にお店でコミュニケーションをしてみて、自宅でのトライアルを経て譲渡されるので、十分なマッチングが可能です。もちろん、終生愛情をかけて飼育してくださる人にしか譲渡はされませんが、代表者は「猫を飼うなら保護猫カフェに行くという選択肢をもってほしい」とおっしゃっていました。代表者の夢は、「野良猫が減り、お店にいる猫がいなくなり、お店を老猫ホームにすること」だそうです。

TNR活動と地域猫

 保護猫カフェでの譲渡がどれだけ進んでも、野良猫の繁殖を食い止めなければ際限がありません。そこで行われているのが、TNR活動です。“TNR”とは、野良猫を捕獲し(Trap)、不妊去勢手術を施し(Neuter)、居た場所に戻す(Return)ことです。野良猫をむやみに殺して減らすのではなく、一代限りの命を見守りながら繁殖を防止して数を減らす活動です。先述のにゃん福をはじめ、多くの保護猫カフェがTNR活動にも携わっています。譲渡の促進と繁殖防止は新しい家族を待つ猫を減らす活動として表裏一体と言えるでしょう。野良猫を元の場所に戻すことなどには賛否両論あるでしょうが、愛猫家でもそうでなくても地域で一代限りの命を見守る「地域猫」という共生の形があることを知っていただく機会になれば幸いです。


 最後に、私も保護猫カフェから新しい家族を迎えた一人ですが、彼らは日々の幸せを運んできてくれました。保護猫カフェを訪れて、猫たちを取巻く様々な環境も知った上で、保護猫カフェから新しい家族を迎えて幸せな日々を過ごすという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。